千紅花火とパオンブルー(?)

 

0172_2

小菊のようなブルーの花を見つけ、購入しました。

『千紅花火とパオンブルー』小さな尖った花と小菊です。

早速「ウエルカム」のキャンバスに植えました。

来季も咲かせたいと検索しますが、上記の名前では検索不可(。ŏ﹏ŏ)

0182_2

0162

葉鶏頭はゆったりと燃えています

Photo華やかな葉鶏頭が寂しくなりだした庭で踏ん張ります。

ユーミンは『夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭』と歌います。

我が家の葉鶏頭は、ゆったり柔らかく燃えます。

最近気づいたこと

0462カエルは水が嫌いかな?

我が家に大きな水場があるわけではないのですが、花に水をやろうとすると、慌ててカエルが飛び出してきます。

オタマジャクシのイメージから、カエルは水がかかればうっとりとするかと思っていたのですが、さにあらず。

水がかかると慌てた様子で、他へ移動します。

今日のような雨降りでは、カエルは?見当たりません。(画像は晴れた日のカエルです。霧の朝、目覚めたばかりか?花鬼灯の上でじっとしています。自分も動き出すには時間が必要です。朝の一人の時間は貴重です。)

雨上がりは素敵!

Photo雨上がり、水滴が葉っぱに花びらにとどまり、揺らせばコロコロ!

Photo_2

ゴウヤの種は、鮮烈な赤

そろそろゴウヤも終わりの季節です。

ゴウヤを片付けようと、茎を切り出すと、収穫し忘れたゴウヤが弾け真っ赤な種がこぼれます。ヨウシュヤマゴボウのように、鳥に運んでもらいたい実は”、見つけられやすいように真っ黒”と読んだことがあります。

畑にまく種は大根、春菊、ほうれん草と割りと地味な黒か茶色です。このゴウヤの種の鮮烈な真っ赤にはどんな意味があるんだろう?
Photo_2

Photo

» 続きを読む

花の賑わい

内庭です。

手入れは最小限、花々が好きに咲いています。

背高の秋明菊の下にホトトギス、前はオレンジ色ぽいホトトギスも咲いていたのですが、此処に合わなかったようで、最近は咲きません。

昨年まで此処で咲いていたピンクの秋明菊は移植し、白の秋明菊が伸びやかに咲いています。

花虎の尾は、一度刈り取り、草丈を抑えました。可愛く咲いています。

 

Photo

0022

0012

信州に嫁に来て

自分の生まれは新潟県の佐渡で、秋は”柿、梨、ぶどう、いちじく”等、夏は”すもも”野菜の”スイカ、ウリ”等を食べて育ちました。

特に梨は、秋の忙しい稲刈り時期、子供も老人も家族総出でお月さまが出る頃まで働きましたが、おやつに丸ごと1個の梨、そして、母の手作りの”ぼたもち”が最高の楽しみでした。
佐渡も結構果物の生産は盛んだったのですが、お父さんは口癖で『信州に来たんだから、果物には不自由させない』と言いながら、箱買いをしてきます。
今年は、どういうわけか?方方から梨をいただきます。

0082

昨日、ピザ窯作りのお手伝いに出かけ、梨を1箱抱えてきました。果樹園だそうで、「いい高い梨を買わないで、おいしいとこだけ食べてくれ」と言われたそうです。
傷んだ梨の幾つかを砂糖とレモンを入れて煮詰めました。
午前中ゼリーにして試食。グーです。

«お父さんの『秋のミニ個展』

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト