椿がよく咲いています

Photo

今年の春先は、寒暖差が大きく「春かな?」と思える日もあれば、「うー寒い」と襟を立てる日々も続きました。こんな日々が椿にはよかったらしく、今年はた

くさんの花が咲いています。

実家の佐渡のほうでは、花がポトンと落ちることから、何となく、庭には植えてない花でしたが、この南信州では、山茶花と一緒に植えました。

元の木は弱っているのですが、毎年新芽を吹き、椿の木が増えています。

Photo_2

あかい椿が咲いていた、

郵便局がなつかしい。

いつもすがって雲を見た、
黒い御門がなつかしい。

ちいさな白い前かけに、
赤い椿をひろっては、
郵便さんに笑われた、
いつかのあの日がなつかしい。

あかい椿は伐()られたし、
黒い御門もこわされて、

ペンキの匂うあたらしい、

郵便局がたちました。

 郵便局の椿 金子みすゞー

神社の裏にある椿の林で遊んだことが懐かしい。

 

春は三寒四温?

Photo_3

クリスマスローズが開花。

花言葉は、「追憶」・「私を忘れないで」・「私の不安を取り除いてください」・「慰め」・「スキャンダル」(検索しました)

春の季節は「三寒四温」を繰り返しながら、寒さが徐々に緩んできますが、今日は、“寒”の日。

 

せっかく咲いたクリスマスローズも、凍える寒さ。
この花の名前は、いつも”?”
クリスマスのころ咲くのではなく、寒さを乗り越えそうなこの頃咲く花です。

Photo_2

昨年畑の端っこに1株おろしました。つぼみが10個ぐらいついています。
コンテナに移し替えても、一時の温かさに花を開きました。

Dscn0488jpg_2

玄関で咲かせた1鉢は、寒さに耐えた株に比べ、花芽も少なく、ひょろひょろ。
花が終わったら、この鉢も畑に植えようかな?

「南信美術展」へ向けて

Photo_2

第74回の「南信美術展」のポスターが出来上がりました。

今、お父さんも製作中!

素人受けする絵ではないのですが、雰囲気や、色合いで自分なりに鑑賞。楽しみです。

万両にも春が来た

昨年の冬はとても寒かったけど、万両の木に被せた寒さ除けが正解でした。

少し霜に枯れた枝もありますが、例年より霜害は避けられました。

Photo_2

Photo

秋になり枯れだした”フウチソウ”を束ねて、万両に被せました。時々除くと、赤い実が見えました。
昨日、春陽気でしたので、外してみると、今年は元気です。
下に落ちてるこぼれ種から発芽した小さな2世も元気に冬を越せました。
赤い実は、元気を発散。
当分我が家の小さな庭の主役です。

小獅子の修復完了

テレビで、日本各地の地域伝来の行事を楽しみながら見させていただいておりますが、自分の住んでいる地区にも、春祭り等には大獅子の屋台が、地区内を練り歩きます。祭りを盛り上げるお獅子に、たくさんの方々が関わり、維持されています。 この地区でも、笛や太鼓・舞いの練習、そして花輪づくり等にかかわります。他の地区の独特のお祭りでもたくさんの人々の支えで、日本の伝統文化が維持されてきたんでしょうね。

PhotoPhoto_2

2週間前、我が家に届けられた箱の中身は、長年の活躍ですっかり古くなった小獅子。修復を依頼されたとか。
今夜、その修復が完了し、保存会の会長様宅へ、無事収めてきました。
目は少し小さくした様ですが、黄金色を塗りなおすと、迫力が戻りました。

Photo_3

 

Photo耳のところへ新たに小座布団を入れましたが、これは私手作り。初めて布団らしきものを作りました。

もうすぐ春祭り。

たくさんの方々にお披露目されます。いつもなら、舞い手の動作に目を奪われますが、今年は小獅子の顔が気になりそうです。

お元気ですか?

昨夜から降り出した雪も、日陰を除き、溶け出しています。今年は寒く、朝部屋の中はⅠ°だったりします。

でも、時々の日差しに、木々の芽は動き出します。ちょっとづつ春の兆しを探せることが嬉しい日々です。
Photo

願いを込めて作った積み木

1

3番めへ主人が手作りしたおもちゃ。
初めては、でんでん太鼓を作りましたが、今回は、「ヒノキ」作りの積み木。

2

握りやすいように、しゃぶってもいいように、じいじから息子夫婦と孫へのエール。

お正月には戻らなかった息子が、孫達の画像を送ってくれました。

3番目のハイハイしそうな画像には、主人ともども笑顔になります。

上のお兄ちゃんたちは、ますますしっかりした顔になってました。子供の、ましてや孫の成長は、早いです。孫達の健やかな成長から、息子は良い父親であり、良い夫だと思います。

(息子の結婚式の時、ひな壇に並ぶ息子を見て、『これでこの子は、息子ではなくなるんだ』との思いがこみ上げ涙が出ました。今もこのことを思うと涙が溢れます。ある時の夏休みに帰省した時、「中学生の時、夜中ベランダから抜け出した」話をしてくれました。良い母親だったと思っていたので、ショック!この子を余り理解してなかったとその時感じましたが、子育て中気づけなかったことが残念です。)

«アキレスの頃すでに薬草:ノコギリソウ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト