秋が深まる

Photo_6

”彼岸花”を、”曼珠沙華 ”と書くと、大禍時に咲く花と、感じます。

大禍時 闇に遊ぶや 曼珠沙華

 

今年は3株咲きました。まだ、我が家は、彼岸花の域です。

いづれ 桃源郷?

先日泰阜で開いていただいている「お父さんの個展」を観に行きました。

そこの館長さんはお坊さまで、お話を伺い、案内していただいた。
斜面にあるお寺です。

Photo

Photo_2

春に桜が咲き、秋に彼岸花が遊ぶ 

そんな斜面に、真新しい石仏130体以上設置されていました。

「鎌倉や 御仏なれど 釈迦牟尼は 美男におわす 夏木立かな」

と、詠んだは歌人与謝野晶子

まだ新しく、お顔もきれいな石仏ですが、

Photo_3

ちらほら咲き出した彼岸花を見ながら

後何十年もしたら、この石仏たちが語りかけてくるでしょうと、思いました。

Photo_4

震えるナミアゲハ

Namiageha_1_2

Namiageha2_2

花も咲き終わったヒオウギに、ナミアゲハが1羽止まっていた。

昨日は、小雨が降っていました。

なぜ?と思いたくなる寒い日。

カメラを近づけたら、雨の中ハナミズキの枝に止まった。

翌朝見ると、まだ羽を閉じたまま、しがみついていた。

Kutinasi_1_2

今年もたくさんの青虫が、クチナシの新芽を食べていた。

この蝶がもっと暖かな日に羽化してくれたら仲間とも出会えたでしょうに。

悩ましい。

県展を見に行ってきました

昨日は朝から雨の降る中、松本へと向かいました。

この時期信州は雨の日が多くなります。
昨年もそうでしたが、松本に近づくに連れ、小雨になりました。
芸術心もあまり持ち合わせていない分、数に圧倒されました。

Photo

Photo_2

お父さんの作品は、異色。自分には良さはわかりません。

Photo_3

知り合いの方の作品の方が素人にはわかります。

Photo_4

Photo_5

優しい雰囲気の絵もありましたが、こんな時代だから、主張が強くなるのでしょうか?強い色彩の絵が多くクラクラです。

Photo_7

久しぶりにお父さんと出かけ、ポスターの前で写真を取りました。

朝鮮朝顔が、咲いていた

Dscn0648

変わった花「チョウセンアサガオ」

今朝は3輪咲いています。

”立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花”なんて、言われないが、この花も野暮ったい。

花は素晴らしい。

花と葉がそぐわない「花」だと、咲くたびに思うから、”国内の個体数は少ない傾向”にあるそうです。

納得です。

初スマホに挑戦

え!今頃?と言われそうですが、そうなんです。

お盆前、妹から「ちいめ、スマホにして!」と言われ、お父さんもまだ携帯なんですが、組合の寄り合いで取り出したら、1人の組合の方に「え?まだそんなもの使ってるの(😁)」と言われた。と、いってたっけ(😣)と、スマホにしました。(携帯でも別に不自由はしていませんでしたが)

Dscn0644

今、予定の入力の仕方から、特訓中。

LINEは面倒ですが、なんとか、妹の要望に答えることができそうです。

ますます手紙という連絡方法が遠のきます。

「竜巻」が?

今、市の有線で「竜巻警戒」情報が流れました。

この地に住んで40年は経っていますが、(転勤であちこち行ってはいますが)この飯田地区に「竜巻」が発生したことはなかった気がします。
今朝は朝から天気は不安定。
晴れ間を見て、洗濯物を二階のベランダに上げると、たちまち雨。
何度か試しましたが(仕事をしていたので、晴天の日差しは貴重。未だその習性が抜けません)諦め、廊下のカーテンレールにハンガーごと引っ掛けています。
子供の頃も、台風が来ると、ワクワクしたものです。
1つは両親と一緒の時間が多くなる。
川は、反乱気味で轟音を立てて流れたり、その響きにも聞き耳を立てたり、外を覗いたり、変な子でした。

3

今外は静まり返っています。
花や野菜が心配ですが、どんなものがくるんでしょう?

«花は鮮やかに!

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト