« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

美しいギボウシ!

P1070382jpg________m 涼やかなギボウシ、

花は、やさしい風情で美しい。

ギボウシ(擬宝珠):ユリ科(APG植物分類体系ではリュウゼツラン科に入れる)の多年草、ギボウシ属(Hosta)の総称である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」。
P1070384jpg_______m ふいりのギボウシは、夏こそこの涼やかな葉に涼風を感じるのですが、ちょっと暑さに弱く、夏は精彩を欠く。

このギボウシは、今一番輝くときです。

annoy画像をクリックしてください。大きくなります。)

幾重にも重なった赤い苞が魅力的なコエビソウ

P1070368jpg___________m ベロベロネ;キツネノマゴ科

和名:コエビソウ 

幾重にも重なった赤い苞から白いべろ状の花がひらり開花。(ペロリか?)P1070375jpg________m

今朝は雨、しなった細い茎の先端で水滴が光っています。

昨日は風に煽られ渋い赤い苞がサワサワと揺すられていました。
annoyクリックで画像は大きくなります。)

アフリカスミレ

P1070366jpg_______mイワタバコ科セントポーリア属

和名:アフリカスミレ

名前の由来:「一見すみれの花を思わせるので」、

P1070367jpg______m

やさしい雰囲気の花に心地よい風が吹き抜けて行きます。(画像:6・26夕方)

続きを読む "アフリカスミレ" »

鮮やかなストケシアと白い烏瓜の花

P1070352jpg______m ストケシア

うす曇りの空の下、色鮮やかに開花

P1070349jpg____m 朝の散歩の途中です。ブロック塀のてっぺんを超えて降りてきた烏瓜の花が一輪、白く浮かんで見えました。

実まで見れたらラッキー!

無意識に探して観ているのかもしれませんが、この頃、曇り空に映える綺麗な白、青紫、うす紫の花が多い気がします。

続きを読む "鮮やかなストケシアと白い烏瓜の花" »

小さくかわいい花ですが、ちょっと不気味なほおずきの花

P1070339jpg________mほおずきの花

その外観とは違い、ちょっと爬虫類を連想させる不気味さ、

同じ”白と緑”の組み合わせですがゼラニュームの花の中の清さと大違い(知らなくてもいいこともありますね)。

P1070336jpg_m夏の風物詩で”ほおずき市”の様子が放映されると、鉢に上げようと思っていました。

続きを読む "小さくかわいい花ですが、ちょっと不気味なほおずきの花" »

清らかな白いゼラニューム

P1070322jpg_______m_2

咲きかけの花の中心は清い緑

P1070323jpg________m_2 “清い”を色で表したら、この咲きかけの白いゼラニューム? そんな思いがしてきます。

P1070320jpg_____m_2

どこかで白いゼラニュームを見かけたら、この咲きかけの花の中をのぞいてみてください。

梅雨のうっとおしさも忘れます。

あま~いオレンジ色の百合 開花

P1070307jpg________m 柔らかにあま~い色、開花したばかりでめしべも閉じたまま、P1070308jpg_________m

昨夜来の雨があがり曇りの朝、 ぽーと明るく誘うように咲いています。

地植えした黄色の百合は、たくさんの蕾を付けていますが、P1070312jpg______m_2

この鉢植えにしたオレンジのスカシユリ 1本あたりの蕾の数は7~9、囲われた空間に3個は多すぎたかな?

こんなに甘くソフトな色合いの百合は初めてです。

impact画像はクリックで大きくなります。

ハルシャギク 可憐に開花

P1070283jpg________m 遠く中東の国名イラン、かってのペルシャを名に持つ“ハルシャギク”、“ペルシャ菊”が訛ったもの。

原産地は北アメリカで、今も野生種が見られる。(「園芸植物名の由来 中村浩」)

名前の由来を読むと、“それで?なんで?”とちっとも腑に落ちない名前ですが、

P1070288jpg_________m_2 可憐な小さな花は、やがて白っぽくなって散り、中央部が黒っぽい果実となりながら新たに次々と開花。秋まで咲き続けるたくましさがあります。

野菜の花 キューリ 花より団子でした!

P1070290jpg________m きゅうりの花

P1070292jpg_______m 花はカボチャと同じ輝くオレンジ色、小さな花の根元には、小さなきゅうりがすでに見えます。

雌花・雄花があるようでもないので、初めから小さなきゅうりはついているのかな?

続きを読む "野菜の花 キューリ 花より団子でした!" »

白妙菊 明るい色で開花

P1070271jpg________m 茎の先端でひまわり色に鮮やかに開花

P1070272jpg_____m 伸びすぎてバランスは悪いのですが、パンジーが一休みするこの時期、白妙菊の花を楽しみます。

続きを読む "白妙菊 明るい色で開花" »

爽やかなチンシバイ(ニワナナカマド)珍至梅

P1070266jpg_____m チンシバイ(ニワナナカマド)珍至梅、珍朱梅 Sorbaria kirilowii 
(バラ科 ソルバリア属) 別名:ニワナナカマド、中国原産

花はとても小さいのですが、一輪一輪はまさに梅の花、細い茎の先端までふわっと春霞がかかったようです。

続きを読む "爽やかなチンシバイ(ニワナナカマド)珍至梅" »

生気あふれるカボチャの花

P1070238jpg________m 柔らかなフリルに縁取られたカボチャの花は、色鮮やかな黄金色の花

細部まで緻密に配慮された造形は、ひだの先端まで生気にあふれる。観賞用の花にも負けないカボチャの花。

P1070241jpg_______m花の根元を見ると、小さな実が見えます。

続きを読む "生気あふれるカボチャの花" »

“完璧はないだ”と思えたこと

P1070221jpg_______m_2

紅色の空が広がる朝、いつものコースを散歩。(カメラを持たずに歩きだしたので、家の2階から)

昨日、“飯田で発生した郵便局強盗”犯が 、逃亡先でつかまるまで、何度も流れる“警察からの注意情報”をなんとなく不安な気分で聞いていました。

いくら熟慮しても人の行うこと、“犯罪に完璧はないんだ”と思えたのがうれしい。

デルフィニウム 咲くがままです。

P1070202jpg______mデルフィニウム

名前はギリシア語の「デルフィン(=イルカ)」に由来し、つぼみの形がイルカのように見えるところから名付けられました。

花びらのようにみえる部分はがく片が発達したもので、花の本体はその中央にあり、小さくあまり目立ちません。(ガーデニングの総合百科「ヤサシイエンゲイ」より)

P1070215jpg______m外見よりタフな花で、あちこちに飛んだ種が地を選ばず発芽し、ぐんぐん成長。

草丈も高く狭い庭では他の花との調和はよくないのですが、このさわやかな花の色が好きで、咲くがままです。

続きを読む "デルフィニウム 咲くがままです。" »

雨上がり 華やぐ紫陽花

P1070209jpg_____m 一房に無数の花が重なるアジサイ

P1070205jpg_________m 同じ1株から様々な色がこぼれます。

P1070204jpg_____m今朝は雨です。

続きを読む "雨上がり 華やぐ紫陽花" »

咲きだした巨大な百合

P1070182jpg______m 百合 構えはやや斜め下向きに咲こうとしているのですが、なにしろ大輪で豪華、1輪が掌を広げたぐらい大きな花です。

P1070197jpg______m 春先球根を埋めたことも忘れ、10cmぐらい伸びていた芽を掻っからかし、あわててなかった事とした百合です。その後2本の茎が立ち上がり、計21個の蕾が付きました。

昨日1輪開花、今朝はさらに2輪咲きだしています。こんなに大きな花ですが、鉄砲ユリほど匂いは強くなく、あたりが明るくなったようです。 

続きを読む "咲きだした巨大な百合" »

鉄線花その後 花の色はうつりにけりな・・・

P1070157jpg_____m 天候不順のこのごろ、あでやかに3輪開花

花と思っていたのは実は萼、日がたつにつれ、萼の色がだんだん薄れ、

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに(小野小町)

です。

続きを読む "鉄線花その後 花の色はうつりにけりな・・・" »

どくだみの花が咲くころです。

P1070144jpg____m 一輪挿しても様になる和の花です。

P1070146jpg_______m 繁殖力の強いどくだみ は、どんどん根を伸ばしあちこちに咲いています。

続きを読む "どくだみの花が咲くころです。" »

朝の光に幻惑されます

P1070126jpg_______m魑魅魍魎は夜明けとともに消え、信号機のライトもはっとするほど輝く朝

P1070130jpg______m薄明るいバラ色の空の下、まだ小鳥の動きも鈍く、つい目の前を横切ったりします。

続きを読む "朝の光に幻惑されます" »

鉄線は左捲きで、 自らの安定を確保

P1070102jpg_______m 鉄線がまた開花、
新たに蔓を伸ばし支柱に巻きつきながら、さらに伸びる。P1070137jpg_________m

ひとつ外した。
伸びる方向に対して対に伸びた葉の左側の柄の一つがくるっと支柱に左巻きで巻きつき、揺れる蔦を固定しながら先端はさらに巻きつき先を探していきます。

組み込まれたDNAのなせる技に驚嘆です。

ちょっとあか抜けないけどかわいいじゃがいもの花

P1070111jpg__m ちょっとあか抜けないけどかわいいじゃがいもの花。

P1070112jpg________m とても王妃マリーアントワネットとこの庶民的なじゃがいもの花は結びつかない.

じゃがいもの花を髪に飾ったとされる王妃の意図は、なんだったんだろう?

モンシロチョウが晴れた朝、花の上をひらひら乱舞しています。

続きを読む "ちょっとあか抜けないけどかわいいじゃがいもの花" »

田圃に映える色鮮やかなコンビニの看板

P1070086jpg________m_2 田圃の水鏡に映し出された看板は、青く冴える。
P1070088jpg_______m 沿道の藤の垣根に白が浮かぶ。季節外れの花が咲いてるかとのぞいてみると、蔓の花。

早朝は、日中では気ずけない不思議な綺麗さで充ちています。

 柔らかに波うつ風知草

P1070053jpg___m イネ科 風知草

元気色の風知草

P1070054jpg_________m さわやかな風知草

昨年の秋に茎をすべて刈り取ったのですが、ぐんぐん伸びて柔らかに波うっています。

続きを読む " 柔らかに波うつ風知草" »

花あぶの羽音が響く柘植

P1070061jpg_______m 柘植の花が満開

小さな花でも蜜が豊富なのか?晴天だと花あぶの羽音が響きます。

 

続きを読む "花あぶの羽音が響く柘植" »

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト