« 雨宿り | トップページ | 朝の光の中で »

長く延びたおしべとめしべ クレオメ?

P1070746jpg________m ある日、ヤツデの木の下にルピナスのような葉っぱの植物を見つけ、酷暑の中欠かさず水やりをし、期待して待ってました。

ルピナスとは花が違う蝶を思わせる花、長く延びたおしべとめしべ、クレオメのようです。

風か小鳥か?

白い蝶が一休みしているような花です。

クレオメ:フウチョウソウ科
学名 :Cleome hassleriana
別名 :スイチョウカ(酔蝶花)
特徴:雄しべと雌しべが、異様に長い
名前の由来:花がつぼみの頃がピンクで開いてくるとだんだん白くなって行くところから、「酔」という字を当てているのでしょうか。(「ヤサシイエンゲイ」より)

« 雨宿り | トップページ | 朝の光の中で »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長く延びたおしべとめしべ クレオメ?:

« 雨宿り | トップページ | 朝の光の中で »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト