« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ドキドキしたこと

P1100133jpg_____m

紫紺のノボタン

昨夜の雨が花弁を飾る。

天高し こころ勝手に飛んでゆけ

川越市 渡辺 玄舟(朝日新聞より)

P1100134jpg_______m 線香花火のようなハゼランも実よりも大きな水滴がついていた。

この頃のサルビアは、一層鮮やかな朱色を見せている。

P1100139jpg________m でも、一番ドキドキしたのは、クリスマスローズのつぼみが膨らんでいたこと、

会いたかった人にやっと会えた気分です。

サザンカ

P1100120jpg___________m サザンカの咲く季節

今年は例年になくよく花が咲きます。

P1100123jpg______m今日までの日和に急ぐ冬仕度 

東京都 石田靖子(朝日新聞 俳壇 歌壇より)

サザンカの向こうに広がる農家の畑はすっかり冬仕度が整い、残菊が一層鮮やかに見えます。

P1100131jpg______m_2 根元でも1輪咲いてます。

武田信玄の菩提寺恵林寺散策

Img_3575jpg________m黒門をくぐると眼前に重厚感のある赤門が現れた。 四脚門:織田信長により全山焼失後、徳川家康によって再建された当時の門 国の重要文化財に指定されている。

P1100086jpg_________m 黒門

P1100109jpg_____________m  武田不動尊 本堂に入りうぐいす廊下を抜けると明王殿に安置されている。比叡山より大僧正の位を受けた際の記念像、京都の仏師斎藤康清制作

Img_3582jpg______________m信玄康墓所

阿智には神社があり、根羽の終焉の地とされるところでは、地元の人により石碑がまつられ、のちに武田家ゆかりの人が立派な石碑を建てたという。

立派な菩提寺を拝観し、武田信玄は時代の傑物であること今回改めて思いました。

ところ変われば

P1100090jpg____2m 武田信玄公の菩提寺である恵林寺の参道を歩いていると、特製棚にオレンジ色の干し柿がぎっしり、信州の晩秋の風景で、見慣れた景色なのですが、なんか違う。こんな干し方は、他でも見かけましたので、これが山梨流なんでしょうか?

さらに驚いたのは、干し柿は山梨の特産物でもあるそうです。

  P1100073jpg____m

中央道からみた柿畑、かなり収穫は進んでいました。此処は信州だから、軒先からの柿すだれになるんでしょうか?

P1100116jpg________m高速を降りると、アップルロードに植えられたリンゴは、まだ収穫前です。

見慣れた風景が落ち着きます。

グレッシュピンク色の枝が広がる駒つなぎの桜

P1100053jpg________m 「源義経が奥州に下向するとき、この木に馬をつないだという」江戸ヒガンザクラ、四月下旬には美しい花を咲かせるという。紅葉の山々を背にグレッシュピンクの枝が広がり満開の桜を連想させる。

自分の故郷にも、安寿と厨子王が人買いの元から逃げ出して隠れたという紅葉の大木がありました。が、観光佐渡の道路整備で、跡形もなく切り倒され、過って遊びまわったお寺さえ、ありません。

このヒガンザクラは、地元の人の手厚い保護で、大事に守られておりました。

P1100055jpg_______m 根元には菫も咲いておりました。

木のガードレール

P1100042jpg________m 木のガードレールです。

前田中知事の発案で山の国信州の間伐材を生かそうと設置されたようだった気がします。見慣れた白いガードレールよりはるか心地よく風景に溶け込んでいました。

東山道の秋

P1100048jpg________m 広拯院月見堂に上がると、鐘楼の向こうの山々もすっかり紅葉し、肌寒い風が吹いていた。

P1100047jpg_______m 本道のわきには過っての風習か?健脚を願ったのか?欄干にはわらじがかけてあります。

P1100046jpg_______m本堂は開けっぴろげられ真赤な不動明王が中央から鋭い眼光を放っておられた。

“心願成就”のお札があったので、さっそく願いこめて、金300円とともに収めてきました。

阿智村の紅葉は鮮やかです。

小菊いろいろ

P1100020jpg_________m 信州で暮らし始めて何度目かの秋、親しくしていただいている花好きの方からたくさんの菊の株をいただいた。

その中の1株、蕾からとてもいい感じに咲きだすので、故郷に持ち帰った。

翌年「お前の菊が咲いたよ!」「“○○○”(私のなまえ)って、付けたよ!」と母から便りが届いた。

P1100022jpg________mこちふかば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春をわするな(菅原道真 拾遺1006).

今年故郷でも咲いてるかなあ!

P1100025jpg_________m P1100024jpg________m他にもあちこちで小菊が咲いています。

P1100031jpg________mP1100040jpg_______m

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト