« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

素の輝き

P1100327jpg__________m 朝日を浴びて、クリスマスローズが開花していた。

温暖化の影響か?、玄関で花を冬越しできるようになり、昨年末から膨らんでいた1輪が清楚に開花

P1100325jpg_________m 陽射しは花弁も通すぐらい強い

P1100330jpg________m 外では、おもとの実が赤い

P1100342jpg_________m 前回の寒波の時降った雪が、まだ日陰は残っている晴れた朝、萌黄色の苔が雪を溶かして陽ざしに輝く。

花の少ない今は、枯れた残菊も雑草も一つ一つを切り取ると、それぞれの色がそれぞれに美しい。

甘~いお茶です

P1100345jpg___________m 最近購入した“茶こし付きボトル”

いつも出かけるときは、お茶を用意しているのですが、時間が経つにつれ渋みが出て美味しくないのが不満でした。

P1100347jpg__________aそんな時 タイミング良く“いつでも日本茶を”と朝日新聞に紹介された“茶こし付きボトル”、

冷たい水を入れて10分ほどかけて抽出、美味しいお茶が頂ける・・・、コロンブスの卵的発想・・・

紹介記事にも誘発され、取り寄せようと思っていたら、数日後届いた“カタログハウス”にも紹介されていた。

P1100346jpg________m もちろん即購入、あまりスマートとは言えないボトル、まして上部のふたを取り外した状態でボトルから直に飲むことに抵抗はあった。(まあ、人前ではストローか、カップを携帯するか)

2本も購入、値段もまあまあだから、1本は返品しようかな?と思いつつ試飲、美味しい!!

下のほうに行くほど飲んだ時、甘くおいしいお茶になっています。

“緑茶は美味しいだけでなく、リラックス効果のあるアミノ酸・テアニンが含まれている”なんて考えながら飲んでいるわけではありませんが、珈琲を飲む回数が減り、1本300mlの容量なのに1日に3回ぐらいは、知らずに飲んでしまいます。

光芒

P1100315jpg___________m光芒(最初の1枚)

昨日は雨模様の天気でしたが、今朝は一転粉雪がちらちら舞い寒~い朝

洗濯かごをもって二階に上がると、東の空、まさに厚い雪雲をついて陽射しがsign03

P1100317jpg__m あたりはうっすらと雪化粧、

P1100318jpg__________m 最後の1枚

陽射しが四方に発散しあふれ出ようとしています。(ベランダからの画像、屋根のひさしは邪魔だけど、トリミングできない)

モノトーンになってますが、今朝の寒さです。

(撮りたいと思った瞬間の1枚目に気持ちが入るのか、何枚とってもつい1枚目を選びたくなります)

寒風の中で

P1100306jpg________m 寒い日ですが、ウォーキング

若いカップルが寒風の中凧上げですが、何が悪いのか上がりません。

ベビーカーの中の赤ちゃんの声も寒そうdownwardright

P1100304jpg________m 見上げれば仙丈ヶ岳の白さがまぶしい!

風越山と同じくここら地区はちょっと首を回すとこの山頂が見える。

象徴的な山頂は、ますます白く輝いています。

P1100305jpg_________m 河川敷には浚渫工事中?何台もシャベルカーが見えます。

対岸のシャベルカーも入れると5台ぐらい、休日の今日はアームを下して静かです。

P1100312jpg____________m 河川敷の一角で人々があわただしく動く、どんど焼きの準備中です。

夫が子供のころは子供中心の行事だったようですが、いまや中心となって活動してるのは保護者、60代が育てた勝手の子供、

振り返るに子ども時代は貧しくほったらかしにされていた。

その反動もあり、自分の子供は過保護に育てました。

今動き回っておられる保護者の方もそうだと思います。

“鳩山政権 危険度5位”

国際政治上の危険要因を分析している米コンサルティング会社ユーラシア・グループは、今年度の世界10大リスクの5位に「鳩山政権」を挙げた。「気候変動」(6位)や「インドとパキスタンの緊張」(8位)などより危険要因だとした。(朝日新聞)

大事に育てられた親のもとで育てられた子供は、どんな日本人として育つんだろう?

annoy全ての画像はクリックで大きくなります。

日の出前

P1100298jpg___________m日の出前の朝焼けの空

P1100299jpg___________m 緊迫した空に茜色の雲がたなびいています。

P1100303jpg_______m対照的な 白い月がまた、いい!

もうすぐ日が昇る。

春を待つよこねの棚田

Img_3596jpg__________m

飯田市千代地区にある“よこねの棚田”へ行ってきました。

“くろ”焼き(田んぼの土手を故郷ではそう呼んでいました)がしてあったり、その近くでは、堰を直しています。

P1100285jpg________m 傍のガードレールは木製

P1100291jpg_________m 田んぼに降りるとまだ薄氷がはってます。

P1100290jpg_________m_3 annoy画像をクリック

右隅に“眼をカーと見開いた仁王様の顔”が・・・?

快晴ですが風が冷たい日、今年が始まったばかりですが、もう春の準備が始まっていました。

やっと完成!

P1100249jpg_________m ときどき無性に編み物がしたくなり、編みかけてはしまいこんでいたベストが、ついに完成!

2年ぐらい前からですが、一度ほぐした糸をゆるゆるに編むと着心地がいいことに気付き思いつくまま編み始めたもの

機械編みが面白くて教室に通うほど熱中したこともあったのですが、今は手編み、機械編みにないこの暖かさが気に入ってます。

P1100258jpg________m 暮れに購入したユニクロのパーカーを合わせるとこんな感じ

ちょっと丈は短いし泥臭いけど、着心地は満点(* ̄ー ̄*)

機械編みをしているころ、家族にも編んだのですが、この泥臭さが不評。

でも編みたくて、編み続けたものが衣装ケースにしまいこんであります。昨日も1枚解きだしました。

何編もうかな?

小春日和

P1100263jpg________m 4日午後また天竜川へ出かけると、河川敷にはどんど焼きのやぐらが組まれています。

先端に国旗やだるまが飾られ、ここだけはまだお正月気分、華やかです。(下のシートに気分はそがれますが、・・・)

P1100267jpg_______m 対岸の時又側では、制作中、

P1100264jpg_________m天竜峡側にもう一基、計3基も組まれています。

P1100259jpg_________m 朝はプランターの葉ボタンは、芯の中まで凍っていましたが、今日は小春日和、陽射しがうれしく誘われてか、大勢の人に出会いました。

annoy画像はクリックで大きくなります。

寒風をついて

P1100251jpg__________m 2日の午後、天竜川へ出かけた。

寒風が頬をさす、

天竜橋の赤さが目を引く。

さすがマレットゴルフ場に人影はありませんが、何人もの人が歩いていた。

P1100254jpg_____________m 河川敷の波打つ枯れ草の中あちこちに小さなミラミット状のとんがり、一面ツタに覆われた木です。

今新鮮な光を浴びて立つ木々、

“生きるって辛いなあ!”

“今が一番いいときさ”と嘯いているかな?

100年に一度ぐらいは、此処も水につかる時があるそうです。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト