« 梅漬け6kg | トップページ | ”きみ”という言葉を使ったことがありますか? »

やはり蛾は、苦手です

P1110695jpg______m 千鳥草の花の一つにに引っかかる様に枯れ葉が?と近づくと、”蛾”

P1110696jpg________m

同じチョウ目でありながら、派手な体色を持ち、昼間に可憐に飛び回るチョウのイメージに対し、ガのイメージとしては「地味」「夜に行動」「気持ち悪い」などのマイナスイメージが付きまとう。しかしチョウ目の昆虫の多様性があらわれているのはむしろガの方である。日本にはチョウ目の昆虫が3,500種類知られているが、「チョウ」と呼ばれるものは250種類にすぎず、他はすべて「ガ」である。世界全体で見ると、ガの種類数はチョウの20~30倍ともいわれている。チョウとガに明確な区別はない(チョウ目参照)。また、中国ではしばしば美人の眉の形容など、好意的な意味で使われる。(Wikipediaより)

まだ大氣は低いので、早朝の庭は動きもなく静か、彼らもしばし休息中?

« 梅漬け6kg | トップページ | ”きみ”という言葉を使ったことがありますか? »

」カテゴリの記事

コメント

最初の写真を見て「ゾゾッ!」
見ているだけで思わず眉間にしわが・・・
でも千鳥草はりっぱですね!
去年大事に育てましたが、今年は種を撒きませんでした。
発芽率はよかったです。

花さんへ 遅くて申し訳ありません。
早朝の庭は、虫が静止しているから、思いがけないものを見つけてしまいます。

千鳥草、いつも発芽はお任せ、この花強いから翌年種が飛んだ所から自然に花を咲かせてくれます。いい色ですね。

「日本のチロル」「下栗の里」行きましたよ~。
すっごくいいところです。
秋に行きましたが、空気が澄んでいて感動で何とも言えない気分です。
佐川急便のCMになったんですよね?
道中が細い道でたいへんでしたが、行って絶対損はしませんよ。

はなさんへ
本当に遅くて申し訳ありません。
実は、中信からこの南進へ引越す時は、この赤石林道を超えてきたんのですが、当時はこの遠山の良さなどわからず、どんどん山の中へ這入っていくことに恐怖すら覚え、涙がこぼれました。
もう何十年も昔のことです。その後次第に道路が改善され、他の道も走りましたが、しばらくは、赤石の山頂で一休みしながら、里帰りしたものです。
ここは、懐かしくもありあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅漬け6kg | トップページ | ”きみ”という言葉を使ったことがありますか? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト