« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

枝を切らずにいたら、ライラックの花が咲く

P1120634jpg__________m_2ライラック(Lilac、紫丁香花(むらさきはしどい)、学名:Syringa vulgaris)はモクセイ科ハシドイ属の落葉樹。ライラックの呼称は英語の仮名転写に由来し、他にフランス語由来のリラでも呼ばれる。和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)。(Wikipediaより)

P1120636jpg_______m今年は花が咲いた。何かで読んだことがあるのですが、このリラは、枝を切るとその周囲の枝は花を咲けないとか、

今まで、ほとんど咲かなかったリラでしたが、その後枝を切らないようにしていたら、今年は開花。

木全体がお互いの成長を喜び合い、開花はそのご褒美?さわやかです。

リラの花が 胸に咲く今宵 ほのかな 夢の香に ああ 想い出の あのささやき 遠くはるかに 聞こえくるよ 

 

リラの花が 胸に散る今宵 やさしく  手を組みし ああ すぎし日の あのメロディ 霧の彼方に 流れゆくよ

 

岡本敦郎の「リラの花咲く頃」作詞:寺尾 智沙、作曲:田村しげる ♪

こんな素敵な花だからと、歌詞を探しました。抒情的なメロディーは、この花の由来も重なって、不思議な花に合う、と思いました。

さわやかな4月の週末、この淡い藤色の花に見とれます。

桜桜 大宮通り

Img_4604jpg______m

飯田市内の大宮通り、1週間前の夕方、妖艶に咲いていた桜の下を走りぬけました。

Img_4608jpg__________m_2

4月21日の画像です。すでに桜の花びらはひらひら舞い、沿道に吹きだまっています。

(沿道に車を止めて、急いで撮りました。ゆとりのない画像です)

素朴さが好きです。

P1120612jpg____________mタチツボスミレスミレ、繁殖力大せいで、好きなところで咲いています。

いわゆる”すみれ”しか見たことがなかったから、初めてこの花を見たときは、その素朴な色合いに惹かれました。

見逃した舟下り

Img_4589jpg____m

Img_4590jpg_______mやっと出かけた天竜峡は、マラソンと、春祭りでごった返していました。

天竜川に架かる橋と並行して走る歩道にお獅子の行列が渡り始めてますが、車を止める場所もなく、なんとか1枚、ガシャ。

Img_4600jpg_________m_2

大好きな、舟下りの乗船場に立つ枝垂れ桜に会いに行きましたが、流れるような枝先は、まだ花が十分には降りてきていません。

もう数日後かな?

Img_4595jpg________m_2

舟が出るまで、棕櫚で綱を編んでいる船頭さんと話していて、下る船も見逃した。

Img_4596jpg________m

しだれる桜の下を舟が下る予定でした。

春になるとそわそわします

P1120585jpg_____________m昨日はものすごい雨でしたが購入したナスタチュームを植え替えました。

P1120586jpg______m

”Welcome"に、勿忘草とナスタチューム。まだ、庭に花は少ないけど、日々新しい芽が伸びていたり、蕾みが膨らんでくるので、そわそわ。桜も見に行きたいしそわそわします。

春の嵐の中 ムスカリ

P1120578jpg__________mムスカリ
花は一見するとブドウの実のように見える。このことからブドウヒアシンスの別名を持つ。

名の由来はギリシャ語ムスク(moschos)であり、麝香(じゃこう)のことである。花色は鮮やかな青紫色(Wikipediaより)

一昨日からの春の嵐で、激しい雨の中、小さなムスカリの青紫色の蕾が、まだまだ殺風景な庭に色を添えます。(雨の中でも、つい庭をうろうろ)

花の蕾が日ごとにどんどん膨らみ色を増していくさまは、楽しみです。

春よ来い

P1120576jpg_________mまださけない水仙です。今年は寒暖の差が大きく、花咲く春が遠い気がします。

晴れたから、チンシバイ、馬酔木、クリスマスローズを玄関から外に持ち出しました。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト