« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

パキッと爽快!!

038jpg_________m

あやめ科のヒメオウギスイセン

鮮やかな朱色のかわいい花が、久しぶりの雨に生気を取り戻しました。

非常に繁殖力が旺盛で、順応性も高いので路傍や駐車場脇などで野生化しているものも見かけます。佐賀県では『佐賀県環境の保全と創造に関する条例』により栽培や持ち込みが禁止されています。(ガーデニングの総合百科「ヤサシイエンゲイ」)より

039jpg_______m確かに繁殖力は旺盛な花ですが、天竜川の川岸などで木々を覆う”荒地ウリ”や”セイタカアワダチソウ”並みの有害植物とは知りませんでした。

子供のころ、畑の土手に咲いていて、たまたま高速道のサービスエリヤで見つけて購入した花です。

この朱色は、パキッとした爽快感がある花。気をつけながら育てたいと思います。

みんな違って みんないい

002jpg_____m005jpg____m009jpg_______2m

左から、うちょウラン ギボウシ、アフリカスミレ

我が家の夏の花に今年は、うちょウランが加わりました。

どの花もやさしい、薄紫系です。

8月8日の朝日新聞の記事に思わず涙しました。

タイトル「話していじめのこと」

小見出し 「聞いてくれる人は必ずどこかにいる だから死なないで」「被害を訴えられずに笑うしかない苦悩 先生も気づいて」

17年前、いじめにより自殺した大河内清輝君のお父さんのインタビュー記事の見出しです。

「・・・正直言って17年の間、苦しみを分かってもらえずに逝った彼の心を考えると、逃げ出したくなったこともあります。・・・・・・今辛さにじっと耐えているみんな おじさんに手紙をくれないか。自分の子供と一緒に苦しむことができなかった私は、みんなと同じ苦しみを続けなければならない。それで許されるわけじゃない。でも、許してほしい。清輝。苦しみを分かってやれなかった父さんを。」

苦悩にもがく清輝君のお父さんの心の叫びに涙した。

金子みすず「・・・みんな違って みんないい」世界が本当の学校現場であってほしいと願います。

可憐 ヨウシュヤマゴボウの花

052jpg______m秋ごろに草薮の中で赤い茎に毒々しい紫の実をつけるヨウシュヤマゴボウも、その花は”可憐で清楚”とさえ言いたくなります。

054jpg_____mたまたま柿木の下に新芽を見つけ、楽しみにしていたら、お父さんに、ばさりと切り取られてしまい、もう抗議。

願いが届いたのか?雑草のたくましさで、2枝になって、見事花を咲かた。

秋に紫色の実がたわわになることを願っているんです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト