« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

うれしい、優しい紫陽花の花

P1130220jpg_____mまだ天候も不順な信州では咲いていない紫陽花が、遠い東京から届きました。カードの何も入っていなかったから、”母の日”用にいただいたと思い、息子の携帯にお礼の電話を入れると、

「え!」と、びっくり。「よくできた嫁だねえ!」と息子。

そうだったか、この息子から母の日だからと何かいただいた覚えはなったけど、結婚し子供出来て、親の大変さを理解して送ってくれたと、思ったわけです。

日ごろお借りしている畑で野菜作りに精を出している家の人は、何か食べごろに出来上がるたび、まず、「送らなきゃ!」と、地元の野菜を買い足し送っていた。年間幾箱も送っています。お嫁さんがそんな私たちを気遣い、今年は紫陽花の花が届きました。

「できた嫁によろしく!」と言って電話を切りました。

後で「そりゃ、直接〇〇さん(嫁さん)に電話するが礼儀だぞ!」と、当然のことを言われました。

さっそくお父さんは食べごろの「キャベツとレタス、それに地元の山菜や果物」等を買い足して、1箱送ってくれました。

P1130218jpg____m

うれしい、優しい薄桃色の紫陽花が、咲いています。

父から不肖の息子へのプレゼント

P1130239jpg____m二男は測量関係の会社勤めです。

P1130243jpg_______mその息子が図面を引き、お父さんがその模型を作成しました。

息子は無口です。

3日ぐらい、この模型つくりに精を出していたお父さん。

昨夜は深夜まで工作小屋には明かりがついていました。(先に寝てしまった自分です)

「ありがとう」ぐらいは言ったでしょうか?模型を横に置きながら朝食を食べ、いつも通り2階へ駆け上がりました

が、2階のベランダで洗濯物を干している自分に、出がけに声をかけるなどあり得ない息子が「行ってきます!」と言いながら、下に降り、会社へと出かけました。

息子にはとてつもなくうれしいプレゼントだったようです。

姉からの便り「ココア蒸しパン」

2つ上の姉は、実家の大黒柱だった。姉は、すべての負荷までも一心に受け、母のリウマチを引き継いでしまった。介護されながらの日々を送っていますが、少しでも指を動かそうと、不要な紙の少しでもきれいなところを張り合わせ、ノートやメモ帳を作っています。今回もそんな2冊に日ごろの思いを書き綴った手紙が届きました。

P1130238jpg_mその1冊の表紙に「ココア蒸しパン」のレシピが張り付けてあります。

女3人の真ん中だった自分は、ただ一人いろいろ作ることが好きで、菓子つくりも得意としていました。(今はほとんど作りません)

そんな自分に、表紙にレシピを貼りつけた手紙が届きました。

P1130236jpg_____m
姉のことを思えば、「やれることはやらないと」思い、久しぶりのお菓子作りでした。

レシピは「クルミ入り」でしたが、干しブドウを入れて、上にチョコを1かけ乗せた蒸しパンです。

おいしくできました。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト