« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

絵本を見るような”キモノケイトウ”

寄せ植えに、キモノケイトウを入れてみました。

018jpg2

特に赤がきれいです。

鶏頭といえば、鳥のとさかのような花を思い出しますが、こんなカラフルなかわいい花もあるんですね。

久々のファンタジックな花。

絵本を見るような楽しい気分になります。

「袋とじ印刷」に初挑戦

Photo

今日仕上がったファイルは、A4サイズで、印刷の形式が「袋とじ」の設定で作成したものです。

「袋とじ印刷」自体初めてだったのですが、旅行の冊子とか、歌集を作るのに便利な方法だと感じました。
今回は1ページ目と2ページ目の余白の幅を変えたかったので、”セクション区切り”を挿入しました。
ページ罫線は、設定対象を『このセクション』にすれば、OKだったけど、ページの色は、ファイル全体にかかってしまうので、結局"図形四角"を描き、塗りつぶして,文字列の折り返しを「背面」にしました。
本当は何かありそうだとは思い、ちょっと検索したけど自分では分かりません。
,
袋とじの場合は区切り”改頁”の後ろに”セクション区切り”を入れると、”A5”2ページがA4の1ページに印刷できることを見つけたのは、収穫でした。

続きを読む "「袋とじ印刷」に初挑戦" »

見惚れる赤い花

マンデビラ

010jpg2

花言葉 『硬い友情』. 学名, Mandevilla spp. 別名, マンデビラ. 科名, キョウチクトウ科. 属名,マンデビラ属. 園芸分類, 常緑つる性(非耐寒性).

原産地, 熱帯アメリカ ... 春~夏にかけて、半つる性の葉にラッパ状に開く筒状花を次々に咲かせます。(花図鑑より)

年初めて我が家に来た花、咲き始めの”深い赤”に見惚れます。

012jpg2

花は、色が白っぽく色あせると、ポトンと椿の花のように落ちる。

ワールドカップのサッカーでは、日本は一勝もできなかった。

日ごろサッカーへの関心は”0”の自分も試合はみてしまった。

特に、本田選手が『円形脱毛症』にかかるほど戦っていたことは忘れない。

1試合目のゴール後の姿は、報道されていた通りの強い本田選手だった。

3試合目では、フリーキックのチャンスのとき、なぜか遠藤選手がけっていた。”なぜ?”彼の自信が揺らいでいたのか?監督の指示か?

我が家の息子たちも(夫に言わせれば『お前と同じ』そう))鬱になったり、円形脱毛症になったりしている。息子たちはとてもまじめに仕事に取組、身体を壊してしまうのですが、本田選手も外観よりナイーブな人なんだろうか?とか勝手な思いで見ていました。

紅一点

003jpg2

花柘榴の花弁が、花期の終わった”海老根”にふわりと散りだしました。散っても花の色はあせることなく朱色です。

  • 「万緑叢中紅一点」の略。中国の王安石が作った詞にある言葉で、「緑の草むらの中に一つだけ赤いザクロが咲いている」ということを指していた。現在では意味を転じて、男性ばかりの中に女性が一人だけ混ざっていることや、ひときわ目立つ存在のことを言う。(ウイキペディアより)

くしゃくしゃの柔らかな塊のような花です。美人すぎる都議の話題が連日報道されています。騒ぎ立てられるのも、『神は不公平とも思えるほど、容姿端麗な人。』故か?

024jpg2022jpg2

それぞれに美しく咲いた鉄線

009jpg1

半日陰に植えた鉄線がやっと咲き出しました。(6月22日)

002jpg1

凛としたつぼみを上げましたが、なかなか開かなかった花。深いえんじ色で誇り高く咲きました。

5月9日から咲き出した日当たりのよい場所の鉄線は、やや疲れ気味ですが、なお花数も多く咲いています。(6月22日)

003jpg1

「高所得者の子供の方が良い教育を受けるチャンスに恵まれている」とかいう記事を読んだことがあります。

花にも同じことが言えそうですが、半日陰の方が厳しい陽射しを受けない分、花数は少ないけど花の色は鮮やかです。

それぞれに美しく咲きました。
花の開花は突然です。
「もう咲いてもいいんじゃない?」とか思うくらい待たされて、ある時パッと咲くから、開花気づいた時は、最高!

紫陽花の花の咲くころ

オートシェイブで作成した紫陽花Photo_3

Photo_2をはがきに差し込み暑中見舞いを作成しました。

昨日は、作成した紫陽花をブログ上に表示する方法がわからなかったのですが、今朝ひらめきました。

『ペイントに貼り付ければいいじゃん!』と、さっそく実行。

PCの操作は、使い続けていないとすぐ忘れてしまいます。

ひと足早い、暑中見舞いは完成しましたが、天候は不順。今朝は薄曇りの南信州です。

情熱の花 トケイソウ

017jpg1

018jpg1

何ともユニークな花 トケイソウ

日本へは江戸時代の初期に渡来。 和名の由来は、3つに分裂した雌しべが時計の針のように見えるところからきている。 英名はパッションフラワー(passion flower)である。 この場合のパッションは「キリスト受難」を意味する。 これは、花の形を十字架にかけられたキリストに見立てたものである。 また、トケイソウ属の中には果樹栽培用のものもあり、果実はパッションフルーツ(passion fruit)と呼ばれる。(みんなの花図鑑より)

015jpg1

らせん状に伸ばした茎から、更に弦を伸ばし触ったものにくるくると巻きつき、茎を支えます。
しがみつくところがないツルハ、くるくると円錐状に小さく小さく固まります。
花のいわれも面白く、楽しみな花です。

久しぶりの雨です。

019jpg1_2

022jpg1

寒すぎたり、暑かったりと最近の気候は不安定ですが、花は季節を感じとり、紫陽花も咲きだしました。

西側に植えてあるので、西日が強く、日中はややしぼみ気味でした。

毎朝お風呂の窓を開けると、鮮やかなスカイブルーの花が真っ先に見えます。

最近PC講座でも、自分で描いたアジサイの花入りの暑中見舞いが貼り出されています。

023jpg2

一見難しく見えますが、花びら(がく)の1片を描けば、後は組み合わせればいいわけだから、描いてみると意外と楽。それぞれの紫陽花が、それぞれの色に染められ咲いています。(描いた図を、このブログに貼り付ける方法が分からなく、ボケていますが<`ヘ´>)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト