« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

水を汲みに猿倉の泉へ

昨日来の雨も上がったので、風越山の麓「猿倉の泉」へ出かけました。

001jpg2_2

007jpg2

すでに、先客がいてタンクに水を詰めています。
「おはようございます!」と声をかけると、なんとなく挨拶は帰ってきましたが、響いてくる話し声は、外国語。ブラジル??
泉の水で、珈琲を立てたり、ご飯を炊いたりすると美味しいから、此処も人気のスポットのようです。

004jpg2_2

風越山に向かう道の左側のもみじの芽吹きが目を惹きます。道の両側には杉や
006jpg2
ヒノキが林立して、あまり日差しは差し込んでいませんが、わずかの木漏れ日を受けたもみじの若葉が眩しく、そこだけ華やぎます。
日頃なんとなくボーとしている頭が、こんな清涼な地に来ると、すっきり。
順番が巡ってきて水を詰めだしたら、また次の方が上ってきました。
水だけでなく、ここの空気が人々を惹きつけるのかもしれません。

寒天を刺し尖がる

003jpg2

尖る葉はとがらせておけ 冬空を割って眩しい四月のために ー法橋ひらくー

今日も寒い。

アマドコロが、例年になく尖がっている。

006jpg2

010jpg2

中には暖かかった日々に花を咲かせ始めたりどうだんやムスカリ。

007jpg2

そして、下を向いて咲くカタクリも開こうとしています。
今年は、尖がる草花のパワーでも、この寒さは割り切れないようだ。

三石の枝垂桜

014jpg2

011jpg2_2

昨日、下久堅の三石の枝垂桜を見に行きました。

 飯田市下久堅知久平、旧秋葉街道沿いの三石脇に植えられている名木。推定樹齢300年、樹高15メートル。
桜は巨石群の端っこに押しやられた感じです。

012jpg2


019jpg2

020jpg2

2つの巨石の奥には石仏も配置されています。
016jpg2
巨石の下の方にやや小ぶりのポットホールもいくつかあります。
子供連れの若い人によれば、「おじいちゃんの子供のころは、その底にたまった水をいぼに塗ると治った。」とか。

024jpg2

025jpg2_2

また少し上にある甌穴には、小さな赤い金魚が泳いでいましたが、この甌穴の水がなくなると、雨が降るとか。
地元の人によれば、巨石も、甌穴もあって当たり前のもののようですが、異空間です。

030jpg2

031jpg2

脇の道を、小学校の方へ上る途中の家は、見事な石垣の上です。この付近にはこのような巨石がごろごろしていたのでしょうか?庭先に大きな岩が配置されたりしております、
知久氏の「文永寺」は谷を隔てた天竜川からは同じくらいの位置でしょうか?知久氏のおひざ元、文永寺にしろ、此処の三石の枝垂桜にしろ、貴重な歴史の上に築かれたものが、ひっそりとそこにあるという感じです。

守られて、花開くヒヤシンス

001jpg2_2

004jpg2

ザゼンソウのように、葉影から除くヒヤシンス。

葉を開きながら、花茎を伸ばしているのでしょうか?

005jpg2

生命力006jpg2の強い花で、あちこちで今紫色の花が咲いています。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト