« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

わくわくするほど きまっているかまきり

0092

先日、ふとくちなしの木に何かいるようなので、よーく見たら、くちなしの枝に見間違えそうなカマキリがいます。
このくちなしは、例年はり咲く前に、新芽をどんどん青虫に食べられて、咲けない木です。
が、今年は咲いていたんです。”そうか!君のおかげか?”
カマキリといえば、
「かりかりと螳螂蜂の皃を食む」ー山口誓子ー
のイメージが強く、一言でいえば、嫌な奴の部類の虫でした。でも、今年は彼の頑張りでくちなしの白い花がたくさん咲いた。
『おれはかまきり』-かまきりりゅうじー
おう なつだぜ
おれは げんきだぜ
あまり ちかよるな
おれの こころも かまも
どきどきするほど
ひかってるぜ
おう あついぜ
おれは がんばるぜ
もえる ひをあびて
かまを ふりかざす すがた
わくわくするほど
きまってるぜ
ーのはらのみんなのだいりにんーくどうなおこー

0242

今年の夏はイラつくほど暑かったが、9月に入り、雨続き。束の間の晴れ間に、カマキリを見た。今年は虫の鳴き声も聞かないが、夜ともなると、ヒターを付けることも有ります。虫たちにも大変な日々かもしれない。ただ、花の色は冴えてとてもきれいです。
まだ余力があったのカ?
鉄線が、ぽつんと咲きました。

明日は晴れるかな?

0252

今日も、昼過ぎには雨。

洗濯物を取り込み、ひとまず、廊下のカーテンレールに引架けました。

夕方、西の空が赤く染まっています。明日は、久しぶりに晴れるかも?

0192

秋海棠は、雨の中で品よく咲いています
秋の花らしくない花の色に、季節を間違えて咲いているような気がします。
今年も、シュウメイギクやチンシバイ、菊、ホトトギスなどの間から咲き出しました。
鉢植えにすると、この花は”桃色吐息”色には咲けません。損なわれます。
咲かせて 咲かせて 桃色吐息
あなたに 抱かれて こぼれる華になる

海の色にそまる ギリシャのワイン
抱かれるたび 素肌 夕焼けになる
ふたりして夜に こぎ出すけれど
だれも愛の国を 見たことがない
さびしいものは あなたの言葉
異国のひびきに似て 不思議
金色 銀色 桃色吐息
きれいと 言われる 時は短すぎて
 ー桃色吐息♪高橋真梨子よりー
秋海棠は、この歌に響く。シンガー高橋真梨子さんは、初めはこの歌が大嫌いだったとか。何度読み返しても、この歌詞卑猥さはない。何度眺めても、花は、きれいな
秋海棠は、この歌に重ねると、秋の華になる気がします。

あけらかんと曼珠沙華

2

彼岸花 別名「リコリス、曼珠沙華」

自分の故郷では、名前にあるように”彼岸花”だから、なんとなく敬遠された花。

庭に植えるなんてとんでもない花と思っていたのですが、ここ信州では、割と身近な花。庭に咲いている家を見かけます。

 

ある日、お父さんが球根を買ってきました。

少し抵抗はあったのですが、この綺麗さには負けました。

曼珠沙華あつけらかんと道の端―夏目漱石―

魑魅魍魎も感じられません。。我が家でも、”あっけらかん”と咲いています。

(9月10日撮)

これ何?

こんなにカラフルな野菜があるんですって!

いただいたままいまだ観賞中。

綺麗なバラにとげがあるように、この味は?どうもズッキーニの一種らしいから、食べないことにしました。(我が家ではズッキーニは不評です)

P11405982

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト