« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

何故か?思い出の花の名前は「金魚草」

0082

クロコスミア・クロコスミイフロラ

Crocosmia × crocosmiiflora

和名はヒメヒオウギズイセン。明治の中ごろに日本に導入され、現在では野生状態のものが各地で普通に見られる。

花言葉:楽しい思い出 謙譲の美 陽気

0072

子供の頃は「金魚草」と思っていた。俗名でもないらしいのですが、水槽の中でひらひら泳ぐ小さな金魚を連想させたからでしょうか?この名前で馴染んできました。

姉に電話した処、「金魚草だったよね」でした。

花言葉に「楽しい思い出」とありますが、子供の頃畑の土手にたくさん咲く夏の花でした。花は下から上へと咲き上がり、根本には赤い花が水槽の中の金魚のように散らばって落ちていた。

ここ南信州ではあまり見かけない花。中央高速道のサービスエリアでたまたま見つけ購入。夏の定番の花になりました。

是非画像をクリックし、拡大してみてください。きれいなオレンジ色の花です。元気がもらえます。

枝先に咲く「赤い花バーベナ 」

Photo

Photo_2

「バーベナには約250種の野生種があり、主に南北アメリカの熱帯から亜熱帯に分布」しているそうです。

 

宿根そうですが、寒さには弱く、冬は気をつけないと枯れてしまいますが、少しでも元気が残っていれば、その株がぐんぐんと成長。
花柄を摘むと、枝先に花をつけて咲いてくれます。

逞しく堂々と咲くカボチャの花

Photo_3Photo_2

今年は壁際に植えられたかぼちゃです。気がつくと大きな実が1つ。

かぼちゃの花は大きく、堂々と咲きます。

Photo

優しい花 ギボウシ

ギボウシは、キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属の総称。これはこの植物のつぼみ、または包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることに由来する(Wikipediaより)

 

0022_2確かに膨らみだした蕾が緑に映え、美しい。

0032_2

0012

清楚な野菜の花ー冬瓜?

清楚で気高さも感じられる冬瓜(?)花。野菜づくりはもっぱらお父さんですが、採ったり、撮ったりと楽しむのは自分です。

0022


最近、実が大きくなりました。

0012


美しき蝶 ナミアゲハ

0082

我が家の周辺では、ヒョウモン蝶はよく見かけますが、このナミアゲハは、珍しい蝶です。

1週間ぐらい前。大雨が降る前です。美しいチンシバイの花に羽を広げて休んでいました。検索してみると

もっともなじみ深いチョウのひとつ。都会の真ん中から山地まで、様々な環境で見ることができる。

あまりに普通種すぎて見過ごしがちだが、はねのデザインはとても美しい。

幼虫は、ミカンやカラタチの葉を食べる。

0052

庭に戴いた、ゆず?夏みかん?それともかんきつ類のなにかですが、あまりに種がしっかりしていたので土に入れたのが、何年も前です。その種が芽をだし、大きくなりだすと、青虫に葉がすっかり食べられていました。この蝶だったのかな?長雨の後、残念ながら見かけません。無事にどこかにいてほしい。

0142

ガラス戸越しで、はっきりしませんがこれはヒョウモン蝶。

野菜の花 かぼちゃはたくましく咲いた!

力強くかぼちょの花が咲きだした。今年はいくつできるかな?
0022

0012

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト