« 枝先に咲く「赤い花バーベナ 」 | トップページ | 触りづらい痛い花ルリタマアザミ »

何故か?思い出の花の名前は「金魚草」

0082

クロコスミア・クロコスミイフロラ

Crocosmia × crocosmiiflora

和名はヒメヒオウギズイセン。明治の中ごろに日本に導入され、現在では野生状態のものが各地で普通に見られる。

花言葉:楽しい思い出 謙譲の美 陽気

0072

子供の頃は「金魚草」と思っていた。俗名でもないらしいのですが、水槽の中でひらひら泳ぐ小さな金魚を連想させたからでしょうか?この名前で馴染んできました。

姉に電話した処、「金魚草だったよね」でした。

花言葉に「楽しい思い出」とありますが、子供の頃畑の土手にたくさん咲く夏の花でした。花は下から上へと咲き上がり、根本には赤い花が水槽の中の金魚のように散らばって落ちていた。

ここ南信州ではあまり見かけない花。中央高速道のサービスエリアでたまたま見つけ購入。夏の定番の花になりました。

是非画像をクリックし、拡大してみてください。きれいなオレンジ色の花です。元気がもらえます。

« 枝先に咲く「赤い花バーベナ 」 | トップページ | 触りづらい痛い花ルリタマアザミ »

「花」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト