« 何故か?思い出の花の名前は「金魚草」 | トップページ | でんでん太鼓を持って »

触りづらい痛い花ルリタマアザミ

0122

0092

ヒゴタイEchinops setifer)は、キク科ヒゴタイ属多年生植物

和名漢字表示については「平江帯」(貝原益軒大和本草)または「肥後躰」(肥後細川家写生帖)などがある。

日当たりの良い山野に生える。アザミに似て切れ込みがあり、を有する。

花期は8月から9月。花茎が11.5m程度直立し、その先に直径5cm程の青い球形のが咲く。(ウィキペディアより)

我が家は、近縁の栽培種のヨーロッパ原産の瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)。瑠璃色の花の色は、最高です。葉っぱのトゲトゲが鋭いので、場所には気を使います。やはり、「綺麗な花には棘があり」ます。花を観察していると、その向こうに人間模様が見えてきて面白い。(これって、歳のせいかな?)(。ŏ﹏ŏ)

« 何故か?思い出の花の名前は「金魚草」 | トップページ | でんでん太鼓を持って »

「花」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト