« 精力的に活動するお父さん | トップページ | お父さんの『秋のミニ個展』 »

人の飼い猫に手を出すことは猫好きなら許せるのか?

昨日、変な声の電話がかかってきた????

姉でした。
8年前から住み付いていた野良猫4匹をひたすら愛しんでいたのに、「近所の人がまず彼らの親猫(ママ)を可愛がりだし、餌や水や寝床までも用意してくれているけど、まあ、嫌われるよりはと、我慢していた」らしい。けど、もともと野良のママ(親猫)が、突然二匹の小子猫を連れて姉たちの家に住み着いたのを、餌をやり、家に出入り自由、飼い猫のようにかわいがっていた。そこへ誰かが、1匹の子猫を置いていったとか。姉たちは、”ママ、白、黒、ちび”と、名前もつけ、去勢の手術をし、風を引いたとか、お腹を壊したとか、目がおかしいとか、たんびに動物病院へ連れて行っていた。
姉はリュウマチで、介護度5、ご主人とヘルパーさんの助けを借りてくらしていた。この4匹の猫達はいつしか姉の心の支えにもなっていた。毎年来る年賀状はいつも猫、電話の大半も猫の話。
この大事な猫に近所の人が餌付け。猫好きなら許せるのか?話を聞きながら思っていました。
その猫好きの人は、ママ(親猫)だけでは飽き足らず(美男子だそうな)黒まで手なづけてしまった。
『もごつきねえ、餌が欲しくて、その人の家の外で泣いているんだ』とか、デモ水だけは、お家のお父さんの用意した水を飲みに来るんだとか、寂しくて黒に逢いたくて、夕方「『黒、お家帰ろ!』とその人の家近くで声をかけると、『にゃ』と、可愛い声で鳴いて出てくるんだ。と、嬉しそうだった姉。
ところが、『白が死んじゃった』と、別人のような声で電話してきた。ママ(親猫)黒(兄弟)が、家に帰らなくなり、白は寂しくて、自分が生まれたママがいた場所へ閉じこもり家に帰って来なくなって1週間。やっと捕獲して連れ帰ったが、げっそり痩せていたので、慌てて病院へ駆け込んだのが金曜日。いろいろ調べたら腎臓が肥大していたとか。入院させて2日めに、病院で死んでしまったそうです。かわいそうで可愛そうで、土に埋められない。姉のタオルでくるみたいといったら「お母さん、土に帰れないよ。お花を買ってくる」と息子に言われ、花の中に包まれて、庭に埋葬したとか。
8年間一緒に過ごし『、家族だった。』と姉はいう。近所の猫好きの人が、姉たちの猫に手を出したことも、一因と感じます。姉たちが猫に与える餌も、缶詰、煮干し、カリカリ等の猫の餌。まずくはないと思います。
猫好きなら、人の飼い猫に手を出してもいいのかなあ?許せるのかなあ?
今、姉の家にいるのは”ちび”だけ、ママと黒は行方不明。猫は死に際は、どこかへ行くとか?
せめて、一度姉たちのところへ、帰ってくれないのかなあ?

« 精力的に活動するお父さん | トップページ | お父さんの『秋のミニ個展』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト