« 涼やかで美しい花ギボウシ | トップページ | 石仏になった川原の小石 »

子供教室「お面」作り

Photo

お父さんの「子供教室」見本です。

今までのお面と違い、今年は笑ってます。

Photo_2

 

之を参考に昨日子どもたちも作りました。
学生の頃、卒業し働き出した1つ上のお父さんが、別れ際に、「これ!」と封筒を渡してくれました。

Photo_3

下宿に帰り開くとお金です。なんに使うかを迷い、「能」の本を購入しました。
それまで無縁だった世界でしたが、角度により異なる表情を見せる能面に惹かれました。
子どもたちの作ったお面も、角度を変えると違う表情が見えます。

能楽に使う仮面。おもて。能面が、どのようにして発生したのかは明らかではありませんが、今日のような名称の能面が完成したのは、室町中期から末期にかけてと考えられています。感情をあらわにしない能面に、表情を与えるのは、能楽師の技なの能面は、扮装の道具という以上に、能役者に一種のパワーを与える呪物の要素があるといわれます。ー「能面の世界より」

« 涼やかで美しい花ギボウシ | トップページ | 石仏になった川原の小石 »

「お父さんの工作」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト