« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

気品香る花に、つい気を許してしまうタカサゴユリ

Photo_20200821112001

高貴な花のイメージを漂わせている高砂百合

外来種と知っていても、あちこちにスクット立ち上がり、高貴な白い花を咲かせるこの花に、つい気を許す。

我が家も例外ではありません。

ネットで検索していたら

近年各地で繁茂しているが花がきれいなためなかなか駆除されない.少なくとも外来種であることを周知する必要がある.

日本原種の百合

「テッポウユリ」「やまゆり」「オトメユリ」「カノコユリ」「スカシユリ」「ササユリ」「オニユリ」

この中で自分がしっかりと見ているのは

「ササユリ」香りの良い淡いピンク色の百合ー信州でも貴重種ですが雑木林に分け入ると咲いている

「オニユリ」ふるさとの海際の崖のところに咲いていた

      南信州では、ミュー美術館の庭にも咲いていた

あとは園芸種の百合ですが、条件が合わないといつの間にか消えてしまい我家の庭で咲いているのは高砂百合だけ

あまり増えすぎないように気をつけたいと思います。

 

 

 

 

真夏のテッセンに励まされ

Photo_20200818111001Photo_20200818111101

本来は春先から大輪で咲くテッセンですが、あちこち枯れていました。

この暑さ”しょうがない”と、思っていたら、一部緑色の蔓から1輪ぽっと咲きました。

春先は薄紫なのに、咲いたすべての花を凝縮したような濃紅色。(自然の神秘!!)

 

昨年の暮から編み物を続け、春先は庭の草取りと、手を酷使した結果、まず左手の中指が痛み出し、お手上げでした。

自分の実家は母と姉がリュウマチに悩まされる心配な家系なので、いつもの病院で血液検査。

結果はリュウマチの心配はないとのことでしたが、相変わらず指の痛みに悩まされていました。

病院では、薬もいただけなかったので、自分で検索し、”エクオール”という錠剤を飲み、これもテレビで見つけた”肩”を動かす体操をやり続けていました。

なんと、最近朝起きた時、前はできなかった”手をグー”に握れることが多くなりました。

自分の父親は宮司で、子供の頃から自然崇拝、朝晩神棚と仏壇に手を合わせて育ちました。

習性でやっているのですが、祈りが通じてきました。

これから、今は神棚だけですが”手を合わせ、肩を動かす運動”を続けようと思い直しています。

春先のテッセンは、今の2倍は大きく優しい花ですが、この残暑の1輪のテッセンに、啓示を受けた。

もしかしたら、指が完治し、大好きな手仕事ができる気がしてきました。

 

新芽がほんのりと美しいハツユキカズラ

Photo_20200817110202Photo_20200817110201

斑入りハツユキカズラ(別名:斑入りテイカカズラ キョウチクトウ科 つる性 常緑多年草)

新芽の”ほんのりさ”が美しい。(ボケてしまいましたが)

 

Photo_20200817111401

最近、このハツユキカズラを鉢植えにし、玄関に飾りました。

まだ馴染んでいません。直射日光は届かないからほんのりの新芽は見られません。

でも、奔放に伸びる蔓に涼やかさを期待しています。(背景がゴタゴタしているのですが、画像よりももう少しいい感じです)

 

爽やかなルリタマアザミ

Photo_20200813154301

ルリタマアザミ(キク科)

トゲトゲの葉が気にはなるのですが、この爽やかな花の瑠璃色に惹かれます。

この猛暑にも、元気に咲きます。

9日 ちょっと早いけど、お父さんの妹のご主人の新盆で出かけるからと、お墓掃除を兼ねて墓参りをしてきました。

花が終わってもこの球状の部分(なんていう?)残るので、菊と一緒に活けてきました。

初夏に強いケイトウの花

Photo_20200803141501

自分の中では、”ケイトウ”の花は秋の花でした。

小学校の花壇でカンナやマリーゴールドともに真っ赤な花が季節を楽しむように咲いていたイメージです。

昨年購入したケイトウを花の入れ替え時まだ咲いていたので、地に降ろしたところ、今年いくつか発芽。

たくましさのない赤でした。

検索すると”夏に強い花”とか。

秋にイメージ通りの燃えるケイトウに育ってほしいと思ってます。

また、今日も占いを見ました。

昨日はあまり良くなかったから、どうかなあ?

 

夜中3時に電話が鳴った

昨夜11時頃、息子の帰りを待って、就寝。朝まで寝れるはずだったが、突然電話がなりました。

基本我が家では深夜の電話は無視、

執拗な呼びだしの警告”迷惑電話にご注意ください”を聞きながら、止むのを待ち、起きて時刻を確認(3:14

朝、着信履歴で確認すると、”非通知で3:04”があった。

深夜に電話をかけ続けた人は、誰だろう?

何を話したかったんだろう?

Photo_20200801143201

ヒオウギは、咲終わった花は、落ちることなく実を守るかのようにしっかりとねじれます。

咲き方も咲終わりも、花により様々です。花自身のルールにより”成長、開花、結実”等は異なります。

 

朝食の時電話の件を話したら、息子が

「突然、知らない人から荷物が送られてくることがあるから”絶対開けてはだめ”」て、いうから

「捨てる?」と聞いたら

「警察に届ける」とのこと

コロナもそうですが、なんか、変?

ドンドン便利になり、人間関係が希薄になってお互いに助け合わなくとも生きていける社会になりすぎたのかな?

ヤフーの占い欄を見た

Photo_20200801145401

なんとなく見るのですが、やはりあまり良くない日だったようです。

 

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

  • PC講座~
  • お父さんの工作
  • ゲーム
  • 天竜川の流れる風景
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旬の味
  • 書籍・雑誌
  • 神社仏閣
  • 趣味
  • 野底川の流れる風景

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト